グループTOP>西武グループ こども応援プロジェクト>西武塾>12月 遊園地のお仕事体験と園内測量に挑戦!

西武塾

過去のレポート一覧はこちら体験レポート 1年間の体験スクール「西武塾」。月に一度の活動の様子を体験レポートとしてご紹介します。

12月 遊園地のお仕事体験と園内測量に挑戦!

東京都練馬区(としまえん)
2016年12月18日

開園前の遊園地で毎日行っている清掃や始業点検、模擬接客体験や普段見ることのない裏側見学、また広い園内で専門の測量機器を使用しての測量など、たくさんの発見をした塾生たちの様子をレポートします。

体験スケジュール

  • 08:30開園前のとしまえんに集合!朝礼
  • 09:00遊園地のお話とお仕事体験
  • 10:10乗り物の構造説明・体験
  • 11:15昼食
  • 12:00建設のお話と園内測量に挑戦
  • 13:00工作体験(レターケース作り)

としまえんに集合!遊園地のお話とお仕事体験!

今回の講座はみんなの大好きな遊園地で開催されました。塾生たちは、わくわくしながら遊園地のとしまえんに集合しました。フライングパイレーツの脇にある会議室(ソレイユホール)で朝礼を行ない、としまえんと西武建設の講師の方々の紹介があり、午前はとしまえんのお話とお仕事体験、午後は建設のお話と園内測量に挑戦です。最初にとしまえんのお話では、遊園地には、乗り物を動かす人、整備する人、チケットを販売する人、園内を清掃する人、季節によりプールやスケートの係員など、たくさんの人たちが働いていることを教わりました。
次は、開園前の園内に出て遊園地のお仕事体験のスタートです。

フォトギャラリー

  • 拡大する
  • 拡大する
  • 拡大する

お仕事体験!①ミラーハウス ②アーケードゲーム(カンアレイ)

①ミラーハウスでは迷路になっている鏡の部屋を清掃し開園前の始業点検を行いました。不思議な部屋は壁が鏡で作られていて、どこが通路になっているかわからないため、多くのお客さまが手で触って道を探します。その触った跡を一生懸命ふき取りました。塾生からは「お客さまが来る前に鏡をきれいに拭いているなんて知らなかった」と、スタッフの方からは「園内にある機器を扱うための勉強は大変だけど、お客さまの喜ぶ姿を励みにしている」また、「災害が起きた時に安全確保ができるよう普段から訓練しているので、安心して遊園地を楽しんでほしい」というお話を聞きました。
②アーケード(カンアレイ)体験では係員役とお客さま役に分かれ、実際にゲームをしました。係員役はゲームを紹介し盛り上げる大切な係です。お客さまが投げ入れる缶を確認したり、楽しいゲームのルール説明とスタートのかけ声を行ないました。お客さま役は保護者と一緒に、一生懸命ボールを缶に投げ入れ楽しみながら体験しました。

フォトギャラリー

  • 拡大する
  • 拡大する
  • 拡大する

乗り物構造体験!③フライングパイレーツ ④カルーセルエルドラド・昼食

③遊園地で人気の乗り物「フライングパイレーツ」がどうやって動いているか、乗り場で間近に見ながら説明があり、また普段は入れない船下にヘルメットをかぶって潜り込みその原動力となるタイヤの構造を見学しました。
講師から「フライングパイレーツは、船底に大きなタイヤを密着させて、加速・減速をしています。このため、雨でタイヤが濡れてしまうなど、タイヤがスリップする状態になると運転を中止する決まりになっています」と説明がありました。
④回転木馬「カルーセルエルドラド」では、日本機械学会により『機械遺産』に認定されている理由とその歴史を学びました。100年以上前にドイツで製造されたことや解体され船で運ばれてとしまえんに来たエピソードに塾生たちはびっくりしていました。最後はサプライズで試乗することができてとても嬉しそうでした。
これで午前の講座は終了です。お昼はレストラン「カリーノ」でとしまえんオリジナルランチをお腹いっぱい食べました。班ごとでお仕事体験の楽しかった話で盛り上がりました。

フォトギャラリー

  • 拡大する
  • 拡大する
  • 拡大する

建設のお話・園内測量体験でいろんな不思議発見!

午後は西武建設の社員の皆さんが講師です。最初に人々の生活基盤を作る建設業についてのお話がありました。道路や線路を作り、川には橋を架けて、ものを運んだり人が移動できるようにする他、住宅・マンション、オフィスビルや学校など、その土地が人々の生活の場である「街」になるまでに必要な様々なものを建設会社で作っています。次に、江戸時代に日本地図を作成した伊能忠敬さんの測量方法についての話を聞きました。地図の完成までに、一歩が69cmで4万歩、17年間かけて歩測で日本を一周したことを教わりました。「すごいなぁ」
その後、園内に出て専門の測量機器を実際に使い、基準となる場所からの正確な距離・角度を測定する体験や、目標物までの距離を塾生自身の歩幅と歩数を掛け合わせて算出する歩測の体験もしました。

フォトギャラリー

  • 拡大する
  • 拡大する
  • 拡大する

工作体験レターケース作りに挑戦!

工作体験のレターケース作りでは、まず長さの違う木片を間違えないように配置し、完成の形をイメージしました。塾生たちは手をふるわせながら慎重に組み立てて、仕上げにラッピングペーパーを思い思いの形に貼って、オリジナルの素敵なレターケースが出来上がりました。「かわいいものが作れてうれしかった」と、もの作りの楽しさを体験しました。
最後は、としまえんから『お仕事体験認定証』をいただき、大喜びの中、笑顔が絶えず楽しい遊園地での講座は終了しました。解散後には、新施設の「こどもの森」「トリックメイズ」やイルミネーションをご家族で楽しんでいました。
今回参加した西武グループのボランティアサポーターは16名です。
(西武ホールディングス・西武鉄道・プリンスホテル・西武建設・豊島園)

フォトギャラリー

  • 拡大する
  • 拡大する
  • 拡大する

塾生の声

としまえんのメリーゴーランドのことをいろいろまなべてとてもたのしかったです。

ことかちゃん(小学1年生)

いろんなそくりょうのきかいにさわれてたのしかった。バイキングのしたに、うごかすタイヤがあるなんてしらなかった。

なおひろくん(小学1年生)

ふつうではできないことをたくさん学びました。ミラーハウスのおそうじをしたことがたのしかったです。

けいくん(小学2年生)

としまえんの人たちはみんながくる前から仕事をしていて、かえる時までえがおでいてすごいなと思いました。けんせつがいしゃのこともいろいろわかってよかったです。

ななちゃん(小学3年生)

ゆうえんちのくふうやくろうなどがわかりました。ゆうえんちのことを知るほど、ゆうえんちに来るのがたのしくなりそうです。

あかねちゃん(小学4年生)

距りのはかりかたや平行はどうやってつくるかを学んだ。いろいろなどうぐやきかいがみられてうれしかった。レターケースは作るのがむずかしかったけどもがんばりました。

はるとくん(小学4年生)

レターケースを作っている時、せっちゃくざいがうでについたけどお湯につければとれると初めて知った。としまえんには初めて来たけれど、とてもおもしろかった。

ゆづきくん(小学6年生)

ゆうえんちの清掃、ゲームのアナウンス、測量の方法、モノ作りの楽しさを体験しました。建設業をするとしたら、今やっている算数はむだにならないんだと感じました。

はなちゃん(小学6年生)

保護者の声

開園前のお仕事体験や、普段見られない場所の見学など楽しく学べました。本物の機器を使っての測量もプロの指導が素晴らしかったです。

ゆいちゃん(小学1年生)のご家族

多岐にわたるプログラムで盛りだくさんの一日でした。メリーゴーランドの歴史のお話を聞けたり、乗り物の裏側を見られたり、とてもよい体験になりました。

けいくん(小学2年生)のご家族

建設会社の仕事の幅の広さを、子どもにも分かりやすく説明してもらいました。伊能忠敬の歩測説明を通して、測量の魅力がとてもよく伝わりました。本物の測量機器を操作できたことは、とても貴重な体験でした。

ななちゃん(小学3年生)のご家族

フライングパイレーツの下に動かす大きなタイヤがあることに驚きました。カルーセルエルドラドがドイツ製で、解体して船で運ばれてきた等のエピソードを聞けて良かったです。

ひろあきくん(小学3年生)のご家族

遊園地の乗り物は、点検されていることで安全が守られていることを改めて実感しました。測量体験では黄色い機器を一度覗いてみたかったので、覗くことができてよかったです。

ゆうきくん(小学4年生)のご家族

遊園地のお仕事・屋外での測量・屋内での工作と、盛りだくさんの体験で子どもも楽しくよい思い出になったようです。学校でちょうど図形の勉強をしていて、学校の勉強が世の中で役に立つことが実感できてとてもよかったです。

せいごくん(小学4年生)のご家族

女の子なので測量はあまり興味がないかなと心配していましたが、講師の方のお話をしっかり聞くことができてよかったです。

あゆみちゃん(小学5年生)のご家族

講師より

西武塾塾生の皆さん、遊園地のお仕事体験はいかがでしたか?遊園地の裏側を学ぶことができましたか?
「カンアレイ」では、お仕事よりも遊ぶことに夢中だった気がしますが、遊びに来た人が安心して楽しんで、笑顔になって欲しい場所でのお仕事ですから当然ですよね。
また、乗り物の動かし方や点検・清掃も実際に体験していただきました。
時間は短かったと思いますが、普段できない事を経験して遊園地のことを知っていただけたと思います。
今後も、としまえんに遊びに来て、みなさんの素敵な笑顔をみせてください。
私も、皆さんが笑顔になれる、としまえんを作っていきます。

(株式会社豊島園 事業運営部 営業課係長 清水厚也)

西武塾塾生の皆さん、今回は建設業を体験していただきありがとうございました。
建設会社は皆さんが住んでいる住宅やマンションをはじめ、鉄道、道路、学校、ビルなどの建物を作る会社です。
今回は「測量体験」と「レターケース作り」を体験していただきました。
江戸時代に日本で初めて日本地図を作った伊能忠敬の測量方法を学び、歩測による測量と現代の測量機器による測量との違いを体験しました。
レターケース作りでは実際に木材を組み立て、自由に貼り紙を貼って完成させました。
お店に行けば色々なレターケースを買うことができますが、今回は自分で完成させたのでモノ作りの楽しさを少しでも感じていただけたかなと思います。建設会社は作ったモノが形に残るので大変やりがいのある仕事です。
塾生の皆さん、これからもモノを作る楽しさを感じてみて下さい。

(西武建設株式会社 経営管理本部 総務部次長 菅野勝仁)

  • 西武グループ こども応援プロジェクト
  • 西武グループ Facebookページ
  • たくさんの“楽しい”を届けるお子さま向け会員サービス PRINCE KIDS CLUB
  • お問合せ先 西武塾事務局
    • TEL(04)2926-2699
    • E-mailseibujuku@seibu-group.co.jp
  • PDF FAQはこちら