グループTOP>西武グループ こども応援プロジェクト>西武塾>12月 遊園地のお仕事体験と園内測量に挑戦

西武塾

過去のレポート一覧はこちら体験レポート 1年間の体験スクール「西武塾」。月に一度の活動の様子を体験レポートとしてご紹介します。

12月 遊園地のお仕事体験と園内測量に挑戦

東京都練馬区(としまえん)
2017年12月17日

遊園地のお仕事も建設のお仕事も、安全第一で行っていました!

「としまえん」に集合した塾生たち、普段家族や友達と行く遊園地で今月の講座はお客さまをお迎えする立場でのお仕事体験に挑戦しました。また広い園内で実際の建設機器を使った測量体験にも挑戦しました。遊園地と建設業の新たな一面を学んだ塾生たちの様子をレポートします。

体験スケジュール

  • 8:30朝礼 塾訓唱和
  • 8:40としまえんのお話
    お仕事体験(始業前点検とお掃除・緊急時の対応)と遊戯物の構造見学
  • 11:00みんなで昼食
  • 12:00西武建設のお話
    木材を使用したレターケース作りと園内測量に挑戦
  • 14:20まとめ

遊園地ということで、みんな目をキラキラさせて体験を楽しんでいましたね。私たちもとても楽しかったですよ!

一緒に活動した14名の西武グループボランティアサポーターの皆さん
西武鉄道・伊豆箱根鉄道・豊島園

集合 朝礼 塾訓唱和

夜になるとイルミネーションも見られる「としまえん」に集合。
お客さまをお迎えする立場でお仕事体験をするということで、楽しみと不安な気持ちが入り混じった表情がとても印象的でした。
みんなで大きな声で塾訓を唱和して、講座が始まりました。
としまえんの先生から、「としまえん」の園名の由来や園内の施設・お仕事の種類、お客さまに安全に楽しんでいただくための大切な心構えなどを聴きました。

  • たくさんあるお仕事を、全員責任をもって確実に実施している
  • 安全第一をいつも意識して、みんなが取り組んでいる

聴いた話しを胸に、遊園地で働く人になりきってお仕事の実技に挑戦です。

フォトギャラリー

  • 拡大する 今日はどんな体験をするのかな?
  • 拡大する お仕事をする気分に変身!
  • 拡大する としまえんと西武建設の先生たち
  • 拡大する スケートもできるよ・・・
  • 拡大する プールが冬は釣堀に・・・
  • 拡大する 温泉施設もあるよ・・・

「始業前点検とお掃除・緊急時の対応」のお仕事体験 「遊戯物」の構造見学

始業前点検とお掃除・緊急時の対応に挑戦しました!
「ミラーハウス」で危険物はないかの確認後、みんなで心を込めて鏡拭き。「こんな大変なお掃除を毎日開園する前にしているんだ・・・」と今までは、楽しんでばかりいた遊園地の新たな一面に気づきました。
「チャレンジトレイン」では、トラブル等で自走できなくなった時の対応として、押して移動させ降車してもらうことを想定した体験をしました。緊急時も慌てずに、安全第一で対応していくことの大切さを学びました。
人気の遊戯物「フライングパイレーツ」の構造についても学びました。ヘルメットを着用して普段は見られない動力部分を間近に見て、大きなタイヤで動かしていることにビックリしていました。
「カルーセルエルドラド」生誕110周年記念の展示会場で説明を聴きながら案内してもらい、最後はみんなで実際に試乗することもできました。

フォトギャラリー

  • 拡大する 思っていたよりとても大変・・・
  • 拡大する キレイって言ってくれるかな?
  • 拡大する 最新の遊戯物なんだって・・・
  • 拡大する 緊急時でも慌てずに、安全第一で!
  • 拡大する タイヤで動かしていてビックリ!
  • 拡大する やっぱり乗るのが最高!

みんなで昼食 西武建設のお話 レターケース作りに挑戦

午前中に体験したお仕事のお話をしながら、みんなで楽しく昼食。午後の講座に備えて、おなかいっぱい食べました。
西武建設の先生からお話を聴きました。

  • 昔の地図は実際に歩いて「歩幅と歩数」で作っていた
  • 今は正確な距離や角度を測定するための機器がある
  • 建設会社は土地が生活の場になるまでの必要物を作っている

初めて聴く内容のお話もたくさんあって、驚いたり、感心したりしながらもみんな真剣にお話を聴いていました。
建設業のお仕事体験として、木材を使って「レターケース作り」に挑戦しました。接着させる時など難しい所もありましたが、みんなしっかりとした作品を作り上げました。

フォトギャラリー

  • 拡大する 昔は地図を作るのがとても大変・・・
  • 拡大する 何よりも安全第一が大切!
  • 拡大する 建設業がとても身近に感じた・・・
  • 拡大する しっかりと接着させます・・・
  • 拡大する なかなかうまく行かないなぁ・・・
  • 拡大する 完璧に仕上がりました!

園内測量に挑戦

広い園内に出て、歩測や実際の測量機器を使っての測量体験に挑戦!
歩幅と歩数で距離測定をする歩測を実際に体験して、「昔はこんな大変なやり方で地図を作っていたんだ」と感心していました。
また測量機器は見たことはあるけれども、実際に触ったり覗いたりするのは初めての方がほとんどで、塾生たちは勿論、保護者の皆さんも興味津々で測量体験に挑戦しました。
「すごく近くに見える」「とてもはっきり見える」など、驚きと感嘆の声がたくさん聞かれました。
建設業のお仕事をしている人たちは、こういう測量機器や大きな機械をたくさん使って、高いビルを建てたり、私たちの生活の安全も守ってくれていることを学びました。

フォトギャラリー

  • 拡大する 歩測はとっても大変な作業・・・
  • 拡大する 緊張しないで自然に・・・
  • 拡大する すごく近くに見えるよ!
  • 拡大する 正確な距離が測れるんだ!
  • 拡大する お母さんたちも覗いてビックリ!
  • 拡大する 建設業の機器はスゴイ・・・

まとめ

今日一日、大好きな遊園地での講座でした。
遊びに来た時とは違って、お客さまをお迎えする立場でお仕事体験をしてみて、いろんな発見や初めての気づきがたくさんありました。
建設業のお仕事はとても難しそうですが、先生たちはとても明るく、笑顔いっぱいで、お仕事に誇りを持っていることが伝わってきました。
遊園地と建設業のお仕事内容はまったく違うけれども、安全と安心が第一で、私たちの生活と密接に関わりがあり、喜びと感動を与えてくれるのは同じだと思いました。
終了後は園内の遊戯物に乗ったり、とてもきれいなイルミネーションを見ながら、ご家族で遊園地を楽しんでいました。

フォトギャラリー

  • 拡大する 遊園地がさらに好きになりました!
  • 拡大する 建設業のお仕事にも興味がわきました・・・
  • 拡大する 安全第一を学びました!
  • 拡大する 夜も楽しめます・・・
  • 拡大する まるで夢の世界のよう・・・
  • 拡大する 2月まで開催しています!

塾生の声

チャレンジトレインがとまったらどうするかをまなんだ。かくどをはかるきかいをつかってすごくたのしかった。

はるさん(小学1年生)

バイキングのしたをみた。メリーゴーランドにものれてたのしかった。

こたろうさん(小学1年生)

ゆうえんちがかいえんするまえのおしごとをたいけんした。ミラーハウスのかがみをそうじができてよかったです。

ゆりさん(小学2年生)

のりもののてんけんを見られてべんきょうになった。かくどやきょりをはかるための、そくりょうというものをおしえてもらった。

そらさん(小学2年生)

チャレンジトレインをおすのがとてもおもかった。ミラーハウスのかがみをふいて、いろんな人がつかうんだなと思いました。

ひとみさん(小学2年生)

のりものはどのように動いているかやフライングパイレーツの下がどのようになっているかを学びました。レターケース作りも楽しかったです。

あいみさん(小学3年生)

お客さんのいない時間に、安全に乗れるように点けんをしていることを知りました。建設の機械はせいかくに何mかをはかれることも体験しました。

あきらさん(小学4年生)

事故がおきないようにいろんな準備があってすごかった。そくりょうは大変だけどきかいを使うとかんたんだった。お昼もおいしかった。

そういちろうさん(小学4年生)

バイキングの仕組みを学びましたが、思っていた以上にかんたんでびっくりしました。そくりょうについても学びました。

あゆむさん(小学5年生)

ミラーハウスのそうじがおもしろかったです。フライングパイレーツの仕組みもよくわかりました。とても楽しかったですが、寒かったです。

こうじさん(小学6年生)

保護者の声

開園前の人気のない園に入られたことも貴重な経験でした。チャレンジトレインではみんなが熱くなり、質問もたくさん出ていました。やはり遊園地は子どもにとって引きつける魅力がありますね。

あおいさん(小学1年生)のご家族

20年以上前に遊びに来ていた所に、こういった形で改めて来てみると全く違った感情がわいてきました。とても歴史の重みと愛情を感じました。遊園地の裏側を見られて貴重な体験ができました。

あさらさん(小学1年生)のご家族

カルーセルエルドラドの歴史や測量体験に、娘はとても興味を持って取り組んでいました。開園前の点検・準備に多くのスタッフが携わり、安全管理をしていることを改めて知りました。

ここなさん(小学2年生)のご家族

朝早かったですが、寒さを忘れるぐらいたくさんの充実した体験ができました。測量では全員が機器を覗くことができて、経験する事のなかった仕事を垣間見ることができてよかったです。

ひとみさん(小学2年生)のご家族

お客としてではなく、施設側の目線で遊園地を見せることができて大変勉強になったと思います。測量では長さの重要性や測る道具があることを教えることができてよかったです。

ゆきひらさん(小学3年生)のご家族

としまえんの方々のお客さまサービスの姿勢がすばらしいと思いました。回転木馬110年の歴史を知ってとても感激でした。また建設業界の方々の真摯な姿勢がとても新鮮でした。オンリーワンのレターケースも持ち帰ることができて嬉しいです。

まさよしさん(小学3年生)のご家族

遊園地をとても身近に感じることができました。安全や新しいイベントを考えていることについて学べたと思います。測量は初めての体験で、親子とも興味深かったです。

あやかさん(小学4年生)のご家族

測量は子どもより私の方が興味があり、夢中になってしまいました。測量機器を覗くことができてよい体験になりました。フライングパイレーツに乗ってから帰ります!

なつむさん(小学5年生)のご家族

講師より

塾生のみなさん、寒い中でのお仕事体験お疲れ様でした。普段は体験できない事や、見られない場所を見たことで遊園地の見方は何か変わりましたか?今度遊びに来た時には、お友達や一緒に来た人に、今日の体験談を是非お話してあげてください。私たちとしまえんの従業員は、これからも安全で楽しい遊園地を作るために一生懸命がんばります。皆さんもたくさん遊びに来てたくさんの思い出を作ってください。これからが冬本番ですが、風邪をひかないように注意して、今年度の残り3回の西武塾を楽しんでください。

(株式会社豊島園 事業企画部営業課 上野健太郎)

西武塾塾生の皆さま、先日は建設業のお仕事を体験していただきありがとうございました。建設会社は何も無い土地に皆さまが生活するうえで必要な建物(住宅、マンション、鉄道、道路、橋、トンネル、学校、お店、遊園地など)を作る会社です。今回は「測量体験」と「レターケース作り」に挑戦していただきました。江戸時代に日本で初めて日本地図を作った伊能忠敬の測量方法を学び、歩測による測量と建設現場の測量機器による測量との違いを体験しました。レターケース作りでは実際に木材を組み立て、自由に折紙を貼って完成させました。お店に行けば必要な物を買うことができますが、今回は自分で完成させたオンリーワンのレターケースです。出来あがるまでに苦労したと思いますが完成した時には「やった~」と感じていただけたと思います。塾生の皆さま、これからもモノ作りの楽しさを味わって下さい。

(西武建設株式会社 経営管理本部 総務部 菅野勝仁)

ページトップへ

  • 西武グループ こども応援プロジェクト
  • 西武グループ Facebookページ
  • たくさんの“楽しい”を届けるお子さま向け会員サービス PRINCE KIDS CLUB
  • お問合せ先 西武塾事務局
    • TEL(04)2926-2699
    • E-mailseibujuku@seibu-group.co.jp
  • PDF FAQはこちら