グループTOP>西武グループ こども応援プロジェクト>西武塾>7月 はち育体験 ~みつばちの不思議を教わろう~

西武塾

過去のレポート一覧はこちら体験レポート 1年間の体験スクール「西武塾」。月に一度の活動の様子を体験レポートとしてご紹介します。

7月 はち育体験 ~みつばちの不思議を教わろう~

神奈川県横浜市中区(横浜市アメリカ山公園)
2015年7月12日

みなとみらい線の元町・中華街駅とエレベーターやエスカレーターで直結している都会の中にある立体都市公園「横浜市アメリカ山公園」には、みつばちが暮らしています。今回は、みつばちとふれあう「はち育」活動を体験。みつばちの生態を勉強して、防護服を着てみつばちと対面。また、蜜を採取するまでの工程やみつばちが人間にとって大切な存在だと学んだ塾生たちの様子をレポートします。

体験スケジュール

13:10
みつばちの生態について勉強
13:35
3班に分かれて、「養蜂作業見学」・「はち教室」・「花植え」体験に挑戦!
15:00
はちみつを採取し、試食
15:50
今日のお礼として、「みつばちさんへのおてがみ」を書きました

みつばちについて勉強したよ!

最初に、教室で、みつばちの生態についてお話を聞きました。みつばちは自分の仕事に熱心で、人間のほうから驚かしたりしなければ、刺したり攻撃はしてこないことを教わりました。手で振り払う動きが攻撃しているようになるそうです。みつばちが腕に止まったときは、怖がって急に動いたりせず、息を吹きかけて逃がすのが良いそうです。屋上の公園に移動し、横浜の象徴、マリンタワーを背景に集合写真を撮った後、3班に分かれ防護服を着てはちと対面する「養蜂作業の見学」、アクリルケースに入った本物の巣でみつばちの働きぶりを観察する「はち教室」、みつばちのために蜜や花粉が採れる花を植える「花植え」と順番に体験しました。

フォトギャラリー

  • 拡大する
  • 拡大する
  • 拡大する

防護服を着てみつばちとご対面!

養蜂体験は、みつばちとの対面です!わくわくしながらサポーターの皆さんに手伝ってもらい、全身をおおう防護服を着せてもらいました。
はじめての体験で少しこわかったけどみつばちの巣に近づき観察。
講師の先生から、巣は六角形の部屋が集まってできていること、蜜をためる場所や女王ばちがいる場所などを教わりました。働いているみつばちは全部メスで、オスは外に出ず巣の中にいるそうです。オスには針がなく刺すことがないので手のひらの中で触らせてもらいました。

フォトギャラリー

  • 拡大する
  • 拡大する
  • 拡大する

はちみつの源になる花を植えたよ!

みつばちは30日しか生きられないことや一匹が一生の中で集められる蜜の量は、ティースプーン1/2杯ぐらいだと聞き、巣の中にいる約1万5000匹が力を合わせて、約30kgのはちみつを集めることができることに驚きました!
そして、みつばちの蜜を集める行動が、自らのエネルギー源を得るためだけでなく、イチゴやトマトやナスなどの実を育てるためにもなっていることを教わりました。みつばちの行動が、私たちの食べるものを作るお手伝いになっていることを知りました。お礼としてみんなで、ミニひまわり、マリーゴールド,ブルーサルビア、ジニアなどの花を植えました。

フォトギャラリー

  • 拡大する
  • 拡大する
  • 拡大する

採れたてのはちみつを食べたよ!

教室に戻り、冷たい特製はちみつドリンクでちょっと休憩。
次に、はちみつ採取に挑戦!先生がみつばちの巣の白いフタを削り、分離機にセットしてはちみつ採りを開始!みんなで歌いながら分離機のハンドルを回したよ。おいしそうなはちみつができて、みんなでクラッカーに塗って食べたよ。みんなで採ったはちみつは、ビンに入れてお土産にしてもらったよ。最後に、みつばちさんへ、お礼の手紙を書きました。「一生働き続けることを知り、そんなみつばちさんに感謝して食べます。今日私たちが植えた花のみつをどうぞ!」今回の「はち育」体験、塾生たちは大満足で終了しました。

フォトギャラリー

  • 拡大する
  • 拡大する
  • 拡大する

塾生の声

みつばちのことをまなんで、さんかしてよかったとおもうくらいたのしかった。

けいたろうくん (小学1年生)

はちがいなければ、ほとんどの食べものがたべられないことを知りました。はちはこわいと思っていたけど、たたいたりしなければささないから安心しました。

るいちゃん (小学3年生)

いろいろなやさいやくだ物がみつばちのおかげでできていることを知った。じっさいに女王ばちを見られてよかったし、はちはかわいかったです。

たいせいくん (小学4年生)

オスばちはそんなこわくないことがわかった。はちみつはものすごくおいしかった。

たつひとくん (小学5年生)

みつばちさんへのおてがみ

はちさんおつかれさま。はちさんのはちみつはおいしいよ。

けいちゃん (小学1年生)

みつばちがいると、おいしいみつがたべられてかんしゃしています。

うりくん (小学2年生)

みつばちは、いろんなくだものや野さいを作る手つだいをしているなんてしりませんでした。これからも、がんばってください。

ゆうせいくん (小学3年生)

みつばちがくろうしてあつめているはちみつを飲んでいたので、これからはかんしゃして飲みたいです。

たいがくん (小学4年生)

みつばちにも、当番があることを知らなかったので、すごいなあと思いました。最後に食べたはちみつがいつものよりおいしかったので、いいなと思いました。

らむちゃん (小学4年生)

はちみつを作ってくれてありがとうございます。はちさんたちのおかげで、いろいろなものが食べられているよ。感しゃしています。

せなくん (小学5年生)

保護者の声

親だけでは体験させられない内容で、一生に一度の記念になりました。はちのことをたくさん知ることができました。特に30日間しか生きられないのには驚きました。

ゆいちゃん(小学1年生)のご家族

アメリカ山公園には初めて来ましたが、とてもステキな所でびっくりしました。また遊びに来たいと思います。みつばちのことを教わり、これからは蜂蜜や果物、野菜など大切に食べたいと思います。

きあきくん(小学1年生)のご家族

なかなかできないみつばち教室を体験できて、とてもよかったです。講師の方のお話に、子どもは前に乗り出して楽しんでいました。

うりくん(小学2年生)のご家族

みつばちはとても小さな体ですが、私たちの生活においてとても大切な仕事をしてくれていることを知ることができました。

かいせいくん(小学2年生)のご家族

「オスのはちは刺さない」とは知りませんでした。怖いと思っていたはちが、触ってみるととてもかわいいと感じました。たいへん貴重な体験でした。

ここなちゃん(小学3年生)のご家族

木箱の中の様子を見られたのがよかったです。聴いているだけより、実際に目で見るのは違うなと思いました。蜂蜜ドリンクの香りがとてもよかったです。

しょうたくん(小学4年生)のご家族

娘は虫が苦手でしたが「はちは優しくすれば怖くない」と教えてもらい、始まる前は気分が乗らなかったようですが、講座が始まったらお話を真剣に聞いて、とても楽しんでいました。

らむちゃん(小学4年生)のご家族

近くではちを見たり、オスのはちに直接触ってみたり、とてもよい経験ができたと思います。はちの怖いイメージが少し変わりました。

まなちゃん(小学5年生)のご家族

講師より

塾生のみなさん、みつばちさんが集めて、みなさんがしぼってくれたはちみつのお味はいかがでしたか?きっといつもよりおいしく感じてもらえたんじゃないんでしょうか?
私たち人間は色々な生き物や植物と関わり合いをもって暮らしています。みつばちもその1つです。今回の西武塾で感じたことを忘れないよう、色々な自然に興味をもってくれたら嬉しいです。

(西武造園株式会社 工務部企画開発室 小澤未夏子)

  • 西武グループ こども応援プロジェクト
  • 西武グループ Facebookページ
  • たくさんの“楽しい”を届けるお子さま向け会員サービス PRINCE KIDS CLUB
  • お問合せ先 西武塾事務局
    • TEL(04)2926-2699
    • E-mailseibujuku@seibu-group.co.jp
  • PDF よくあるご質問はこちら
Page top