グループTOP>西武グループ こども応援プロジェクト>西武塾>10月 バスと鉄道のお仕事体験

西武塾

過去のレポート一覧はこちら体験レポート 1年間の体験スクール「西武塾」。月に一度の活動の様子を体験レポートとしてご紹介します。

10月 バスと鉄道のお仕事体験

埼玉県所沢市(西武バス所沢営業所/西武鉄道小手指地区職場)
2018年10月21日

『安全第一』を徹底する厳しい取り組みにビックリ!

身近なバスと鉄道のお仕事体験や見学を通して、『安全第一』の取り組みとルールの厳しさや大切さを学びました。普段見ることや入ることができない施設での講座に、終始興奮気味だった塾生たちの様子をレポートします。

体験スケジュール

  • 8:45西武鉄道新宿線航空公園駅に集合 朝礼、塾訓唱和の後、 バスに乗車!
  • 9:30西武バス所沢営業所に到着 『バスのお仕事体験』
  • 11:20バスで会場移動!
  • 12:00西武鉄道小手指地区職場に到着 『鉄道のお仕事体験』
  • 15:301日のまとめ

バスと鉄道のお仕事を体験して「将来はここで働きたい!」と思ってくれたら嬉しいです!

一緒に活動した23名の西武グループボランティアサポーターの皆さん
西武ホールディングス・西武鉄道・プリンスホテル・西武プロパティーズ
西武建設・伊豆箱根鉄道・西武総合企画

バスのお仕事体験 『あいさつ訓練』 『乗務前点呼見学』 『乗り方教室』

塾生たちは身近なバスと鉄道のお仕事体験の講座では、どんなことをするのか興味と期待感いっぱいに西武鉄道新宿線航空公園駅に集合しました。

朝礼では朝のあいさつと注意事項をしっかり聞いて恒例の塾訓唱和。
バスで西武バス所沢営業所に移動して、バスのお仕事体験が始まりました。

『乗務前点呼』を見学して、安全第一のために運転士さんの健康状態や車両を厳しくチェックしてから運行開始していることを学びました。
『乗り方教室』では、バス停での並び方や運賃の支払い方、車内での注意事項などを教わりました。

塾生からは「今まではバスを利用する時、何気なく乗り降りしていたけど、これからは見たことと教わったことを忘れず、マナーやルールをしっかり守って安全第一で利用します」との声が聞かれました。

フォトギャラリー

  • 拡大する バスの「あいさつ」を大きな声で体験・・・
  • 拡大する アルコールチェックは必ず実施・・・
  • 拡大する 車両点検報告をして運行開始へ・・・
  • 拡大する 乗り方と乗車マナーを教わった・・・
  • 拡大する イラストを見ながらで分かりやすい・・・
  • 拡大する しっかり守って安全第一!

バスのお仕事体験 『整備工場見学』 『運転士体験』

『整備工場見学』では、大きなバスが点検のためリフトで吊上げられてビックリ、初めてバスの下側を見ることができました。
複雑な部品がたくさんあって、点検や整備はとても大変なお仕事だと感じました。

『運転士体験』では、制服・制帽を着用して運転席に座り、ドアの開閉や車内放送に挑戦。緊張ぎみですこし照れている様子も見られましたが、運転士になりきってしっかりとした言葉で、お客さまへの放送案内をしていました。

塾生たちは体験や見学をしてみることで、バスの整備や運転士のお仕事は、集中力と神経を使うとても大変なお仕事であることを強く感じたようです。

フォトギャラリー

  • 拡大する バスが吊上げられてビックリ!
  • 拡大する 複雑な部品がいっぱい・・・
  • 拡大する 緊張とちょっぴり照れも・・・
  • 拡大する 車内放送も体験・・・
  • 拡大する お母さんたちも挑戦!
  • 拡大する 乗ったままで洗車機体験・・・

鉄道のお仕事体験 『鉄道安全教室』

会場を西武鉄道小手指地区職場に移して行われた鉄道のお仕事体験は、『鉄道安全教室』 『線路保守のお仕事』『乗務員のお仕事』を体験しました。

『鉄道安全教室』では、安全に電車を利用するためのホーム上や車内でのルールやマナーについて教わり、電車の乗り降りや車内での行動について、新たな気づきをたくさんすることができました。
講師の方のお話から、鉄道に関わるお仕事をしている人たちは『安全第一』を徹底していることを強く感じました。
腹話術人形マイクくん、最高でしたよ!

これからは教わったことをいつまでも忘れずに、安全な乗り降りや車内マナーをしっかり守ることを誓いました。

フォトギャラリー

  • 拡大する とても楽しく、分かりやすかった・・・
  • 拡大する ホームの高さは1m27㎝・・・
  • 拡大する ルールとマナー しっかり守ります!

鉄道のお仕事体験 『線路保守のお仕事と体験』

『線路保守のお仕事体験』では、主に電車の走らない夜中に線路や電気系統の点検や修理などをしているお話を聴きました。

初めて目にしたモーターカー(鉄道の保守作業に使われる車両)やレールスター(緊急時に使われる)への乗車体験や、検測車・探傷車(各種異常を調べるため使われる車両)の車内や床下を見学し、機器の大きさやミリ単位で精密に測定していることにとても驚いていました。

安全に関わるたくさんのお仕事があることと、それを確実に行って安全を陰で支えているたくさんの人たちがいることも学びました。

フォトギャラリー

  • 拡大する 探傷車の運転席はとても高い・・・
  • 拡大する モーターカーを人力で方向転換・・・
  • 拡大する 緊急時はこれに乗って出動・・・
  • 拡大する 複雑な機器にビックリ・・・
  • 拡大する 車両の下にも機器がいっぱい・・・
  • 拡大する ありがとうございました!

鉄道のお仕事体験 『乗務員のお仕事』

『乗務員のお仕事』でも、たくさんの初体験がありました。

電車に乗ったまま車両洗浄機を通る迫力ある体験では、水圧の強さと大きな音に塾生たちはもちろん、お父さんやお母さんたちからも「初めて見た・・・」「すごいね・・・」などの声が聞こえました。

車掌のお仕事体験では、電車のドア開閉と車内放送に挑戦。
指さし確認をしながら「乗降よし!」と大きな声を出して、安全確認に真剣に取り組んでいました。
車内放送体験では、いつも電車の中で聴いている放送を実際のマイクを使って、緊張しながらも車掌さん顔負けの放送ができました。
お客さま役のお父さんやお母さんたちからは、あたたかい拍手が送られていました。

フォトギャラリー

  • 拡大する 指さし確認をして「乗降よし!」
  • 拡大する とっても緊張した・・・
  • 拡大する 最後までしっかり安全確認・・・
  • 拡大する ハッキリとした放送が大事・・・
  • 拡大する いつも電車で聴く内容だ・・・
  • 拡大する ぼくの夢は電車の運転士・・・!

一日のまとめ

普段の生活に直接かかわるとても身近な乗り物のバスと電車。
その安全運行に携わるお仕事を、実際に見学したり体験したりすることで、新たな一面をたくさん学ぶことができました。

どのお仕事もとても大変ですが、働いている人たちからは自信に満ちた活気が伝わってきて、たくさんの笑顔も見られました。
やりがいや充実感があるからこそ、自然に生まれてくる活気と笑顔だと感じました。

今回の見学や体験を通じて、安全への意識をさらに高めた塾生たちは、バスや電車をもっともっと好きになり、利用する時は他の人たちの見本になってくれることでしょう。

フォトギャラリー

  • 拡大する 西武バススタッフの皆さん
  • 拡大する 西武鉄道運輸部講師の皆さん
  • 拡大する 西武鉄道工務部軌道事務所の皆さん

塾生の声

バスでは死角とマナーを学んだ。電車の下にもぐったことが楽しかった。

ひろゆきさん(小学1年生)

バスのドア開け閉めが難しいことがわかった。電車の車内放送が楽しくてまたやりたい。

ゆいさん(小学1年生)

毎朝いろいろな検査をして、やっとバスを運転することができることを知った。電車の乗り降りの時や車内でのルールを教わった。

だいちさん(小学2年生)

バスのタイヤをはずすところを見られてよかった。電車のルールを守って、優先席では譲ることが大切。

たかひろさん(小学2年生)

バスでは服装をきちんとすることが大切。運転席でドアの開け閉めをしたのが楽しかった。鉄道のえらい人の帽子はカラフルだった。

あおいさん(小学3年生)

バスを運転する時のアルコール検査は、0.00でないといけないことや、たくさんの検査を合格して運転できることがわかった。鉄道は夜中にもお仕事をしていて大変だと思った。

りささん(小学3年生)

バスのマスコット「エンジェ」がとってもかわいかった。運転士の制服がカッコよかったです。
鉄道ではやってはいけないことや、運転士さんや車掌さんがどんな仕事をしているのかわかりました。

いつきさん(小学4年生)

線路の点検や修理をするために、いろいろな機械があることを学んだ。そして夜中に働いている機械や電車を、目の前で見たり乗ったりできて楽しかったです。

みきさん(小学5年生)

バスではしくみや安全のことを学んだ。鉄道では乗ったことのない保線車両に乗れたのが楽しかった。バスも鉄道も安全の確保と使いやすさの工夫がされていた。

ひろよしさん(小学6年生)

保護者の声

通常の利用では分からない部分が見られて、興味深い体験ができました。子どもは運転席に入れたことなど、とても貴重で新鮮だったと思います。

ひさおみさん(小学1年生)のご家族

運転前の点呼は様々なチェック項目があって、安全第一で運行していることがよくわかりました。普段は目にされにくいお仕事でも、安全のためにたくさんの人が働いていることを実感できたと思います。乗降マナーについては家でもう一度復習しようと思います。

かいとさん(小学2年生)のご家族

ていねいでかつ面白く説明してもらい、子ども達の印象に強く残ったと思います。普段やりたくてもできない体験ができて、とてもよい経験になりました。

りいささん(小学2年生)のご家族

バスでは一日の業務をわかりやすく説明してもらい、大変興味深く聴くことができました。線路保守のお仕事では、実際に乗車体験をすることが多く、実感として学ぶことができました。

ゆうごさん(小学3年生)のご家族

普段は絶対に座ることのできない運転席での体験など、とても貴重な体験ができました。保線のお仕事体験では、実際に車両の運転までできてビックリしました。とても盛りだくさんの内容でした。

ほのかさん(小学3年生)のご家族

実際のバスや電車に触れられてよい経験になりました。バスの運転はすべて一人でやっていて、いつもすごいと思っていました。今回実際に体験することができて、改めてそのすごさがわかりました。

いつきさん(小学4年生)のご家族

実際の運転席に座って、操作したりする体験ができ、とてもよかったです。またドアの開閉や車内放送の体験もとても楽しんでいました。マナーについて改めて学べたのもよかったです。

いさきさん(小学5年生)のご家族

いつも利用していますが、整備などにも多数の方々が関わっていることがわかりました。子どもにも分かりやすい説明でした。ドアの開閉はとても大変で、毎日が真剣勝負ですね。

わたるさん(小学6年生)のご家族

講師より

塾生の皆さん、バスのお仕事体験にご参加いただきましてありがとうございました。運転席に座った感じはどうでしたか?ドア開閉・マイク案内のお仕事は上手に出来ましたか?私たちバスの運転士は、皆さんに勉強してもらったことを、毎日毎日、繰り返し行うことでお客さまに「安全・安心」なバスを提供しています。
またバスにご乗車していただける機会がありましたら、お仕事体験を思い出してみてください。今までと違った発見があると思います。

(西武バス株式会社 立川営業所 副指導乗務員 植原一広)

鉄道のお仕事体験はいかがでしたでしょうか?
お仕事体験の前の鉄道の安全教室では、普段何気なく利用している電車に乗るときに気を付けることなどを学んでいただきました。これからは電車に乗るときに今回学んだことを思い出して安全に乗っていただければと思います。
お仕事体験では実際の電車で放送とドアの開閉をしていただきました。ドアの開閉は機器の操作に夢中で余裕もなかったと思いますが、一つ一つの動作の中に安全のための確認がたくさんあることを知っていただけたと思います。放送では大勢の人を前に緊張したり照れてしまっていた人もいましたが、難しい内容を皆さん上手に放送していました。今度電車に乗ったときは自分の放送を思い出して聞いてみると、いつも聞いている車内放送がまた違って聞こえてくるかもしれません。
今回の体験で鉄道のお仕事に興味を持っていただき、将来の西武線の運転士・車掌を目指してくれると嬉しいです。

(西武鉄道株式会社 鉄道本部 運輸部 小手指乗務所 指導主任運転士兼車両運用係 長南 慎一)

西武塾塾生の皆さん、電車のお仕事体験(工務部編)にご参加いただき、ありがとうございました。工務部のお仕事はいかがでしたでしょうか?線路の保守は、乗り心地の良い線路にすることも重要ですが、お客様を安全に目的地に届けるために必要不可欠となり非常に大切なお仕事です。今回のお仕事体験では、線路を保守点検する大型保線機械を実際に見ていただき、乗車体験や転車体験をしたことは貴重な経験となり、いい思い出になったのではないかと思います。
今回の体験をきっかけに保線という仕事に少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。
最後に、私たちのお仕事は深夜時間帯に作業をするため、お目にかかる機会は少ないと思いますが、今後もお客さまが「あれも、これも、」目的をかなえるためにしっかりと西武鉄道の安全・安心・安定輸送を支えてまいります。
塾生の皆さんが大人になった時に一緒に西武鉄道で働けるのを楽しみにしております。

(西武鉄道株式会社 鉄道本部 工務部 軌道事務所 副主任技術員 早坂 拓矢)

ページトップへ

  • 西武グループ こども応援プロジェクト
  • 西武グループ Facebookページ
  • たくさんの“楽しい”を届けるお子さま向け会員サービス PRINCE KIDS CLUB
  • お問合せ先 西武塾事務局
    • TEL(04)2926-2699
    • E-mailseibujuku@seibu-group.co.jp
  • PDF FAQはこちら