グループTOP>西武グループ こども応援プロジェクト>西武塾>3月 メットライフドームでお仕事体験と施設見学&卒業式

西武塾

過去のレポート一覧はこちら体験レポート 1年間の体験スクール「西武塾」。月に一度の活動の様子を体験レポートとしてご紹介します。

3月 メットライフドームでお仕事体験と施設見学&卒業式

埼玉県所沢市(メットライフドーム)
2019年3月21日

ライオンズ選手とハイタッチ… そして卒業式… どちらも大感動…!

オープン戦が開催されているメットライフドームのお仕事を学び、なかなか入ることのできない球場施設も見学。
さらに試合開始直前のグラウンドで、守備につく埼玉西武ライオンズの選手たちをハイタッチで激励。
そして1年間の思い出を胸いっぱいに、卒業式に臨んだ塾生たちの様子をレポートします。

体験スケジュール

  • 09:00メットライフドームに集合 朝礼 最後の塾訓唱和
  • 09:40お話『広報部のお仕事』
    施設見学(記者席・オーナーズレストラン) フィールドビューシートで練習見学
    お話『メットライフドームについて』
  • 11:30みんな一緒にお弁当 守備につく埼玉西武ライオンズ選手をハイタッチで激励
  • 13:30卒業式

今日一日、みんな生き生きと楽しそうな顔をしていてよかったです。
卒業式で涙している保護者の方もいて、私たちも感動してしまいました。

一緒に活動した13名の西武グループボランティアサポーターの皆さん
西武ホールディングス・西武鉄道・プリンスホテル・西武建設・伊豆箱根鉄道
西武レクリエーション・西武総合企画・西武健康保険組合

集合 朝礼 塾訓唱和 お仕事のお話 施設見学

2019年度公式戦開幕も迫ってきたメットライフドーム。
講座当日は読売ジャイアンツとのオープン戦が開催される日でした。

塾生たちと保護者の皆さんは、6期生最後の講座と卒業式が行われるためか、いつもとは少し違った複雑な気持ちで集合しました。
朝礼での最後の塾訓唱和は、ひと言ひと言をかみしめながら、いつもより大きな声で唱和をしていました。

はじめに西武ライオンズで働く球団職員のお仕事や広報活動についてお話を聴きました。新聞やテレビ等の記者の方々に、選手たちやチームについての情報を提供したり、インタビューの場をセッティングしたりすることで、西武ライオンズをPRするとても大切なお仕事です。

その後、記者席やオーナーズレストランなど、普段なかなか入ることができない施設の見学もすることができました。「お父さん、ここで食事をしながら試合を見たい!」とせがまれた保護者の表情が印象的でした。

フォトギャラリー

  • 拡大する 「とてもやりがいがある仕事ですよ」
  • 拡大する 広報のお仕事は大変そう…
  • 拡大する 放送席は思っていたより狭い…
  • 拡大する ここから新聞記事を発信…
  • 拡大する 全体を見渡せて最高!
  • 拡大する ここでゆっくり試合を見たいな…

フィールドビューシートで練習を見学

フィールドビューシートでライオンズ選手の迫力ある練習を見学。
グラウンドと同じレベルのシートで臨場感があり迫力満点でした。

興奮気味に見学していたとき、サプライズで辻󠄀監督が来てくれました。
集合写真にも一緒に入ってもらい、とてもよい記念になりました。
塾生たちから応援メッセージ入りの『記念パネル』をお渡ししたら、辻󠄀監督からはサイン色紙を全員にいただきました。
「今年もリーグ優勝、そして日本一目指してがんばって下さい。」

施設見学の後、改めて施設全体のお話を聴きました。クイズがあったり、試合のハイライト映像を見てヒーローインタビューの選手を決める方法も教わりました。とても楽しく聴くことができて埼玉西武ライオンズへの興味がさらに高まってきました。

フォトギャラリー

  • 拡大する 迫力満点、最高…
  • 拡大する あっ、辻󠄀監督だよ…
  • 拡大する 優勝目指して頑張れライオンズ!
  • 拡大する 監督とこんなに近くで、感激…
  • 拡大する 覚えてまた球場に来てね…
  • 拡大する クイズもあって楽しかった…

選手たちをハイタッチで激励

塾生たちはライオンズ選手たちをハイタッチで激励するため、グラウンドの中へ移動しました。

先ほどまで見下ろしていたグラウンドから、逆にスタンド席を見上げると、ドームの広さをより強く感じられて圧倒されているようでした。
「あそこにお母さんたちがいるよ…」、「いま私たちはたくさんの人たちに見られているね…」、「ここで選手たちは頑張っているんだ…」など、待機中からすでに興奮状態でした。

ライオンズ側のベンチ前で花道アーチを作った塾生たち。
その間を守備につく選手たちがハイタッチをしながら通っていき、塾生たちの興奮度も最高潮!
選手たちの逞しさと、試合に臨む厳しい表情を見て、あっという間の時間でしたが、忘れられない最高の瞬間だったようです。

フォトギャラリー

  • 拡大する とっても緊張した…
  • 拡大する みんなに見られているよ…
  • 拡大する 選手と一緒に国家を斉唱!
  • 拡大する 辻󠄀監督がすぐ目の前に…
  • 拡大する 「がんばれ!」大きい声で言えた…
  • 拡大する 上手にできたかな?

卒業式

6期生の最後となる講座も大興奮のなか終了、卒業式が始まりました。

お父さん、お母さん、サポーターの皆さんからの大きな拍手の中を緊張気味に入場しました。
最初は会場の雰囲気に圧倒されているようでしたが、一人ずつ修了証書を受け取って、やっとホッとした笑顔に変わってきました。

西武塾での活動を振り返るDVDを、参列者全員で鑑賞。
楽しかった1年間の思い出がよみがえってきたような表情が、とても印象的でした。

西武塾での1年間をいつまでも記憶に残してもらえると嬉しいです。
一緒に活動した西武グループのサポーター全員で、西武塾6期生42名の成長をいつまでも応援しています。

フォトギャラリー

  • 拡大する いよいよ卒業式が始まります…
  • 拡大する とても重く感じた修了証書…
  • 拡大する 笑いあり、しんみりもあり、複雑…
  • 拡大する これで最後、とても感動!
  • 拡大する 「1年間ありがとうございました!」
  • 拡大する またみんなで会おうね!

塾生の声

野球場にはいろいろなお仕事があるんだなと思いました。普段体験できないことができてうれしかったです。

ゆいさん(小学1年生)

誰がどういう時に、ヒーローインタビューの選手を決めているか知りました。選手とハイタッチができてうれしかったです。

ゆじんさん(小学2年生)

普通の人が入れない所に入ってみて、ドキドキ、ワクワクしました。野球のことをいろいろ知ることができました。

りゅうせいさん(小学2年生)

野球の試合では、アウトかセーフか分からないときはテレビを見て決めることを知りました。

みおさん(小学3年生)

大好きな秋山選手とハイタッチができて、うれしかったです。これからもライオンズを応援したいです。

ほのかさん(小学3年生)

記者の人たちがどこで取材をしているのか分かりました。選手とのハイタッチがうれしかった。

こうすけさん(小学4年生)

今日はいろいろあったけれども、無事に卒業式ができてよい一日でした。サポーターの皆さん、ありがとうございました。

なおとさん(小学4年生)

野球を開催するためにはたくさんの人が関わっていることを学んだ。学校や家ではできないことがいっぱいできて楽しかったです。

みきさん(小学5年生)

西武塾での1年間を通して、仕事の大変さなどを学び将来に役立てられると思いました。1年間ありがとうございました。

せいらさん(小学6年生)

保護者の声

ヒーローインタビューの選手を選んだり、選手との関わりなどのお話しが楽しめました。卒業証書はよい思い出になります。

ひさおみさん(小学1年生)のご家族

普段は入ることのできない場所に行くことができて、親子共々大感激です!1年間を振り返るDVDを観て、涙があふれてしまいました。

ゆうきさん(小学1年生)のご家族

子どもの卒業式は幼稚園~大学までと数が限られていますが、それに西武塾の卒業式が加わったことで、一つ多くの卒業式に出席できたことを幸せに思います。

りいささん(小学2年生)のご家族

記者席の見学や選手とのふれあいなど、西武塾でしかできない体験ができて、息子はまた来たいと言っていました。写真を見ると4月の頃より成長したと感じます。

りゅうせいさん(小学2年生)のご家族

1年間西武塾に参加したおかげで、子どもとのコミュニケーションも増え、有意義な年になりました。1年間の思い出がたっぷり詰まったDVDには、感動しました。

るいさん(小学2年生)のご家族

球団に関わる仕事の幅の広さを実感しました。娘はアルバイトで球場の売り子さんなどがやりたいそうです!

いつきさん(小学4年生)のご家族

普段は入れないエリアの見学ができて満足です。卒業式で1年間を振り返ることができました。お別れが淋しいです。

ちさとさん(小学5年生)のご家族

球場の裏側見学ができたこと、娘はグラウンドに入ってハイタッチができたこともすべてよい思い出になったと思います。

いさきさん(小学5年生)のご家族

講師より

西武塾の皆さん、改めましてご卒業おめでとうございます。
今回、西武ライオンズ、そして広報部の仕事についてたくさん知ることができたと思います。
次、メットライフドームにお越しの際は、誰がヒーローインタビューに選ばれるか、注目して見てください。そして、みなさんがハイタッチで激励をした埼玉西武ライオンズの選手たちは、また西武塾の皆さんがメットライフドームに来てくれるのを楽しみにしています。
また皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

(株式会社 西武ライオンズ広報部 田代裕大)

ページトップへ

  • 西武グループ こども応援プロジェクト
  • 西武グループ Facebookページ
  • たくさんの“楽しい”を届けるお子さま向け会員サービス PRINCE KIDS CLUB
  • お問合せ先 西武塾事務局
    • TEL(03)6709-3161
    • E-mailseibujuku@seibuholdings.co.jp
  • PDF FAQはこちら