グループTOP>西武グループ こども応援プロジェクト>西武塾>5月 農業体験① 田植えに挑戦

西武塾

過去のレポート一覧はこちら体験レポート 1年間の体験スクール「西武塾」。月に一度の活動の様子を体験レポートとしてご紹介します。

5月 農業体験① 田植えに挑戦

埼玉県秩父郡横瀬町(横瀬駅/寺坂棚田)
2019年5月19日

泥んこになりながら植えた苗、秋の収穫が楽しみです!

稲の歴史や種類・栽培の仕方などを教わり、実際に手作業による田植えを体験してみることにより、毎日食べているお米のありがたみを感じる西武塾恒例の農業体験。
棚田では埼玉県最大級の面積を誇る横瀬町寺坂棚田で、豊かな自然環境に触れ、さらに生産者の方々との交流も深めた塾生たちの「田植え体験」の様子をレポートします。

体験スケジュール

  • 10:00西武秩父線横瀬駅に集合 朝礼、塾訓唱和を行い寺坂棚田へ徒歩移動!
  • 11:00お米について教わった後、田んぼに入って田植え体験に挑戦!
  • 12:15寺坂棚田保存会の皆さんにご提供いただいた手づくりのお昼ごはん!
  • 13:00機械植え見学&案山子(かかし)づくりに挑戦!
  • 14:00解散後は温泉や川遊びなどを楽しむ!

塾生たちも保護者の方もみんな笑顔いっぱいで、楽しそうにしている姿から元気をもらえました!

一緒に活動した32名の西武グループボランティアサポーターの皆さん
西武鉄道・プリンスホテル・西武建設・西武造園
西武パレット・西武バス・伊豆箱根鉄道・西武健康保険組合

横瀬駅から寺坂棚田まで徒歩移動!

爽やかな晴天のもと、塾生たちは西武秩父線横瀬駅に集合。

朝礼と塾訓唱和をした後、サポーターや保護者の皆さんと一緒に寺坂棚田まで歩いて移動しました。

30分ほどかかる道のりでしたが、川を眺めながら大きな橋を渡ったり、自然に囲まれた山道を通ったりと、変化に富んだ行程をとても楽しんでいる様子でした。

最後の坂を上っていくと、寺坂棚田保存会の方々が田植えの準備をしてくれた広々とした田んぼが目の前に広がってきました。

フォトギャラリー

  • 拡大する 横瀬駅に集合して、全体朝礼…
  • 拡大する 大きな声で塾訓唱和…
  • 拡大する 棚田に向けて出発!
  • 拡大する どんな所か、とても楽しみ…
  • 拡大する 大きな橋を渡って…
  • 拡大する 寺坂棚田に到着!

稲についてのお話 田植え作業開始

寺坂棚田保存会の方から、稲の歴史や種類、田植えの仕方などを教わり、いよいよ田植え作業開始です。転ばないようにゆっくりと田んぼに入り、一直線に張ったひもを目印にして、一列に並んで苗を植えていきます。

教わった田植えのポイント

  • 狭い間隔でたくさん植えると、栄養を奪い合い稲があまり育たない
  • 2~3本ずつの苗を、20~30㎝間隔で2~3㎝の深さに植える

一歩踏み出すのも大変な田んぼの中、みんなで声をかけ合いていねいに苗を植えました。泥んこになりながらの作業にも笑顔がいっぱいでした。

フォトギャラリー

  • 拡大する 寺坂棚田保存会会長のお話…
  • 拡大する 慎重に田んぼの中へ…
  • 拡大する 転ばないようにね!!
  • 拡大する 近づきすぎないように間隔をあけて…
  • 拡大する 曲がらないようまっすぐに…
  • 拡大する 保護者の方々も挑戦…

寺坂棚田保存会の皆さん手作りのお昼ごはん!

大変だった田植え作業を終えて、おなかがペコペコ。

水路や水道で泥んこになった手足をきれいにして、保護者の皆さんやサポーターたちと一緒に昼食です。

保存会の方が作ってくださった古代米入りのお赤飯と豚汁とお漬物を、とても美味しく頂きました。田んぼで転びそうになったことや本当に転んでしまったこと、お米のことを話題にしながら笑顔いっぱいのとても楽しそうなひと時でした。

フォトギャラリー

  • 拡大する 泥まみれ…
  • 拡大する よーく洗って…
  • 拡大する 保存会の方たち手作りのご飯!!
  • 拡大する みんな一緒に楽しい昼食…
  • 拡大する 自然と笑顔いっぱいに…
  • 拡大する 美味しいお昼ご飯ありがとう!

機械植え見学&案山子(かかし)作りに挑戦!

手植え体験のあとに、機械植えを見学。あっという間に等間隔できれいに植わっていく苗を見て、「はやっ!!」とみんなビックリしていました。

その後、みんなで植えた苗を秋の収穫まで鳥や獣たちから守ってもらう願いを込め、案山子(かかし)作りに挑戦しました!

服にワラを詰めて固定していく作業に「これでいい?」「どんな顔にしようか?」「しっかり縛らないと…」など、みんなで協力しながら仕上げていきます。

埼玉西武ライオンズのユニフォームを着たオリジナリティあふれる4体の案山子たちはとても頼もしげで、農家の方たちと共に秋の収穫までみんなで植えた苗をしっかり守ってくれそうです。

寺坂棚田保存会の皆さんに、田植え作業を教えて頂いたお礼と、収穫までのお手入れをお願いして講座は終了しました。

解散後は、ご家族ごとに温泉や川遊びなど、横瀬町を満喫していました。

フォトギャラリー

  • 拡大する 機械植えは早くてビックリ!!
  • 拡大する 協力しながら案山子づくり開始…
  • 拡大する ユニフォームにワラを詰めて…
  • 拡大する 顔を描いて…
  • 拡大する イケメン案山子が完成!
  • 拡大する 田んぼのお手入れよろしくお願いします!

塾生の声

田んぼの植え方をいっぱい知りました。機械でも出来るのを知りました。案山子作りは、みんなで一つのことに取り組んで楽しかったです。

あおいさん(小学2年生)

こんなにドロドロになるんだなと思いました。足が抜けなくなって楽しかった。案山子の顔を描くのが楽しかった。

うみさん(小学3年生)

泥んこになったけど、ちゃんと植えられてとても楽しかったです。案山子作りは、どうするかみんなで考えて楽しかったです。

まほろさん(小学3年生)

泥にはまるのが気持ち良かった。でも、足を抜くのが大変だった。だから昔は機械がなくて大変だったんだなと思った。

あらたさん(小学3年生)

苗を植えるのが楽しかった。案山子作りは、おもしろい案山子が出来た。ご飯が美味しかった。特に豚汁が美味しかった。

たくとさん(小学4年生)

田んぼに入った時に泥がついたけど、冷たくて気持ち良かった。お米は植えるのも世話するのもとても大変と知ったから、大切に食べる。

かんたさん(小学5年生)

(機械植えを見て)技術も進んでいるなと思いました。棚田の田植えは、どうやっているのか良く分かりました。ありがとうございました。

じんさん(小学5年生)

お米を作るためには、たくさんの仕事があることが分かった。田んぼの土は上のほうが少し温かくて、下のほうは冷たかった。今日植えた田んぼは、秋の収穫の時にどんな風になっているか楽しみだ。

なおさん(小学5年生)

苗は植えたら20cmあけて新しい苗を植える。植える時に靴下が泥だらけになった。泥が冷たい所と温かい所があった。

りょうさん(小学6年生)

保護者の声

泥だらけになりながら、親子で田植えを体験出来て良い思い出になりました。また、苗を植える時に、講師の方、サポーターの方、他の塾生や保護者の方と一体感が生まれて楽しかったです。

ゆうきさん(小学1年生)のご家族

田植えをすることが初めてでした。泥の中に入ることもほとんどなかったので、初めは土を触るのも嫌そうでしたが、始めると夢中になっていました。秋の収穫が楽しみです。とても良い体験でした。

かほさん(小学1年生)のご家族

田植えや空の下でのご飯は、東京にいるとなかなか出来ない経験なので、大変貴重な機会でした。皆さん元気に楽しく話しかけて頂き、より楽しい一日となりました。

いおりさん(小学1年生)のご家族

保存会の皆さまもサポーターの皆さまも準備するのにたくさんの時間がかかったと思います。本当にありがとうございました。分かりやすく説明頂き、お手本を見せて頂き、大変参考になりました。これからお米を大切に食べていきたいと思います。

たくしさん(小学2年生)のご家族

保存会の方々が一年間準備をしていたことに大変驚きました。子どもには良い経験になったと思います。秋の収穫時期が楽しみです。お赤飯、豚汁、大変美味しく頂きました。

あきとさん(小学3年生)のご家族

お米作りの大変さの一片を見た感じで、今後、ご飯を食べる時に思い出して、感謝しながら食べることになると思います。子どもにも大変良い影響を与えると思います。

まりあさん(小学3年生)のご家族

親子共々初めて田んぼに入り、田植えを体験し、お米や農業、食についての関心を高める機会となりました。お昼ご飯、大変美味しく頂きました。特に、普段好き嫌いの激しい子どもが「おいしい、おいしい」と言って食べていたのが印象的でした。

まおさん(小学5年生)のご家族

講師より

塾生の皆さん、寺坂棚田での農業体験いかがでしたか?
当日は天候に恵まれ田植え日和でした。2~3本の苗を等間隔に植えるのはむずかしかったと思いますが、保護者の方に手伝ってもらい上手に植えることが出来ました。田んぼでの泥んこ作業、しりもちをつかないよう慎重でしたね。頑張りました。ご苦労さまでした。
午後は田植え機による機械植えを見学、早く・スムーズに植えているなと感じたことと思います。
今年も案山子作りに挑戦してもらい、パッチリおめめの可愛い案山子が出来ました。稲穂が出る時期から稲刈りの日まで田んぼに設置して、すずめ等を追い払ってもらいます。
保護者の皆さん、大変お疲れさまでした。今回の田植え体験を通じ、ご家庭でお米作りのことをお子さんと話し合ってもらえたら幸いです。秋の収穫を楽しみにしていてください。

(横瀬町寺坂棚田保存会 町田雄一)

塾生の皆さん、この度は農業体験として横瀬町にお越しいただき、誠にありがとうございました。
当日は晴天に恵まれ、絶好の田植え日和でした。青い空と雄大な棚田の景色の中で、塾生の皆さんが田植え体験を楽しんでいる様子を見て、私も和やかな気持ちになりました。また寺坂棚田保存会の皆様も親身に指導されており、農業体験を通じて都心の子供たちと、農家の熟練者という普段交流をとる機会のない両者が、こうしてコミュニケーションを図れることはとても有意義なことだと感じました。
今回体験の場となった寺坂棚田では、7月6日(土)夜に600個のランタンを灯す「ホタルかがり火まつり」、9月22日(日)に彼岸花と黄金色の稲穂の景観を楽しむ「彼岸花まつり」が開催されます。ご家族皆さんでお誘いあわせの上、ぜひまたこの横瀬町へお越しください。 稲刈りまでおよそ4か月、美味しいお米がとれるのが楽しみですね。

(横瀬町役場振興課 黒澤洋介)

ページトップへ

  • 西武グループ こども応援プロジェクト
  • 西武グループ Facebookページ
  • たくさんの“楽しい”を届けるお子さま向け会員サービス PRINCE KIDS CLUB
  • お問合せ先 西武塾事務局
    • TEL(03)6709-3161
    • E-mailseibujuku@seibuholdings.co.jp
  • PDF FAQはこちら